アスパラギン酸

マカとテストステロンの関係

マカは日本からは遠くに位置している南米はペルーで生産されている野菜です。
見た目は日本でも離乳食にも使われるカブに似ています。
根の部分を食されているので、根菜の一種と言えます。
このマカには、たくさんの栄養素が詰まっており、日本は輸入する形でサプリメントやドリンクが広く流通しています。
男性の勃起不全の回復や女性を妊娠しやすいホルモンバランスに導くなど、非常に多くの効果が期待されているのです。
また、更年期障害、前立腺肥大の改善にも効果を示しています。
人気のある成分として、テレビ番組でも紹介されているほどです。

そんな人気のマカには「テストステロン」と呼ばれる成分も含まれています。
テストステロンとは一体どのような成分なのでしょうか。
テストステロンとは男性ホルモンの一種です。
男性の身体は女性の身体より筋肉も多く、たくましい身体をしています。
これは女性の身体よりも多く、テストステロンを含んでいるためです。
筋力はもちろんのこと、男性の自信の源である「性的な機能」を支えるホルモンでもあります。
成長期以降に多く分泌されるようになり、それと同時に精巣も発達していきます。
精子の生産、性欲の増進にもこのテストステロンが起因しているのです。
しかし、テストステロンはデリケートなホルモンでもあります。
ストレスはもちろんのこと、睡眠不足などが重なるとドンドン減少していくのです。
すると、テストステロンの体内での分泌は減少し、性欲の減退が起こります。

現代社会は非常にストレスの多い社会です。
特に男性は遅くまで仕事に従事している人も多くいます。
また、肉体労働も多いのが実情です。
子どもが欲しい、自信を取り戻したいと考えている場合、性欲の減退は大きな弊害になっています。
そこで、マカの摂取が望ましいのです。
マカにはテストステロンの分泌を促進させることも可能です。
もちろん、効果は個人差がありますので、継続的な利用が望ましいでしょう。
マカは医薬品ではないので、効果の実感に時間が掛かるのも事実です。